台所で起きる水のトラブルと対処

■蛇口はトラブルになりやすい

日常生活において台所はほぼ毎日使用しますが、水漏れなどのトラブルが起こると、使うことができません。早期に回復させる必要があり、原因箇所を突き止め、修理する段取りを行わなければなりません。
台所は水を使った作業を行うところでもあり、使用頻度の高さから、必然的に劣化が進みやすいです。そのひとつに蛇口があり、細かなパーツを数多く使っているため、各パーツが劣化した時点で水漏れが発生する可能性があります。パッキンのようなゴム製は傷みが激しく、水のトラブルが起きる前に、定期的に新品に交換することも視野に入れておきましょう。それで安心してはいけません。ほかの部品の劣化も起きます。ねじ山なども劣化すると、すき間が空いてしまう場合があります。使用頻度の高い台所の蛇口だからこそ、一定年数で交換することも視野に入れておく必要があります。寿命ともいえますが、7年から10年も経てば、さまざまな箇所の摩耗も進行しています。本体を新しくするタイミングになるため、細かなパーツの交換ではなく、新しく取り換える方法が確実です。
また、水道設備には止水栓が取り付けられています。台所の場合には、シンクの下をのぞくと取り付けられているのが一般的ですが、水量を調節したり修理のときに水を止めるために用いられています。この止水栓自体が劣化して、トラブルを引き起こすケースがあります。水道配管を構成するパーツのひとつのため、故障する可能性は十分あります。劣化も進んでいくため、水漏れすることもあります。止水栓を閉めても水が止められなくなるため、元栓を閉めて対応しなければならないでしょう。修理に必要なものはホームセンターなどでも販売されていますが、トラブルが再発しないように取り付けるためにも、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

■排水管の詰まりの発生

台所のシンクには、排水管が取り付けられています。使った水を適切に処理するために必要ですが、シンクと一体化しているわけではありません。塩ビやじゃばらのホースが取り付けられていて、トラップもあります。これらの部品を取り付けるためには、接続部品が存在し、パッキンも使用されています。このなかのひとつでも異常をきたせば、水が流れるたびに水漏れが起こる状態となります。接続部から漏れているケースでは、一気に噴き出すような状況よりも、わずかに漏れ続けるといった状態が多く見られます。一気に漏れて大きな騒ぎになるよりも、静かにゆっくりと侵食するような水のトラブルのひとつです。発見が遅れやすくなるため、定期的に下部をのぞいて確認する必要があります。
排水管自体がさまざまな問題を引き起こすこともありますが、中身が詰まって負担がかかる状況も考えられます。逆流する可能性もあるため、異物は取り除かなければいけません。異物にも種類があり、通常は流れるようなサイズであっても、徐々に付着して配管の内部が狭くなったことで閉塞する場合があります。台所では、油汚れが大きな原因となりますが、調理くずなども巻き込みながら汚れが大きくなると、やがて水が流れなくなります。予兆として、配管内部から空気が漏れてくる音が聞こえるなどの変化がありますが、そもそも原因となるものを流さないことが大切です。それでも台所の特性上、すべて排除することは難しいため、配管内を清潔に保つためにも洗浄剤などを使ってメンテナンスするといいでしょう。

■早期に発見するために
台所の水のトラブルでは、どこから水漏れしているのかはっきりとさせることが大切です。原因の箇所によって対処方法が変わってくるからです。蛇口であれば、常に目につく場所にありますが、排水管回りになると、シンクの下です。収納庫になったり、浄水器の設置場所になったりしていますが、定期的にチェックすることが、被害を抑えられるポイントです。
大量に水漏れして足元に水が流れ出ている状況であれば、水のトラブルが起きていることがわかりますが、常にそうなるとは限りません。わずかに漏れているような状況では、配管自体を確認しないと発見できないでしょう。普段から水のトラブルについてアンテナを張って定期的にチェックし、水回りのスペースに余裕を持つことも予防策のひとつです。風通しを良くしておけば、水漏れしたときに臭いが上がって気がつく可能性があります。逆に普段から風が流れない状況であれば、臭いにも気がつきにくく、被害が大きくなってから発見するこになってしまいます。
水漏れが起こると、周辺にも影響を与えます。収納部分の床材なども濡れてしまい、気がつかず長時間放置してしまうと、大きなダメージとなってしまいます。大半は木製の板が使われていますので、水を含んで膨張すると、二度と元には戻りません。劣化して抜けてしまうようなケースも出てきます。修理も配管とは別に大きな費用と時間がかかるため、配管などの水回りをチェックしやすい環境を作ることが大切です。少しでも異変を感じたときには、できるだけ早く対応するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ