排水管から漏れる水のトラブルに使える補修材

■水のトラブルが起きたときの一時的補修

水漏れが起きると、量によって被害の大きさは異なるものの大きなダメージを受けることは間違いありません。排水管から漏れだした場合は衛生的な問題も出てくるため早めに対処しなければいけませんが、水のトラブルとして発見しやすいかどうかは漏れている箇所によって異なります。
排水の場合には、水道のような圧力がかかっていません。あくまでも使った水が流れていくのに合わせて、トラブルが起きます。お風呂場やトイレのように大量の水を使う場合には、一度に流す量が多いため、被害も分かりやすいと言えます。対してキッチンや洗面所では、1度に大量の水を消費するわけではありません。時間を掛けて少量づつ水を使う場合が多いため、漏れ出す量も少なく気付きにくい面があります。ただ臭いなどの問題が出てくるため、まずは臭いで異変を感じることもあるでしょう。ただ圧力が小さいため、水が急に吹き出すようなことはあまり無く、水のトラブルとしては対処しやすいでしょう。
水が漏れてきている箇所を塞いでしまえば漏れを防ぐことが出来るため、ビニールテープなどを巻き付ける方法があります。接続部分などにわずかなすき間ができているような場合や、わずかにひびが入っているような場合に適用できる方法です。濡れている面には粘着部分がうまく貼りつかないため、まずはきれいにふき取り乾燥させる必要があります。乾燥後に伸ばしながら巻き付けていけば、小さいひび割れなら一時的に補修ができます。ただし恒久的な補修ではないため、いずれ交換しなければいけません。あくまでも応急処置としての一時的な対応となります。

■シリコンコーキングで補修する

大きなひび割れやずれなどには対応できませんが、接続部分にすき間がある場合はコーキングで補修する方法があります。撥水性のあるシリコンコーキングを利用する方法ですが、最近では抗菌効果のあるタイプも販売されています。高い圧力には耐えられませんが、すき間を埋める程度であれば十分に対応可能です。
シリコンコーキングも水に濡れている箇所には貼りつかないため、作業に関係する水回りの設備の使用を中断してから行います。濡れている部分をきれいに乾燥させから使用しますが、その際はコーキング材が余計なところにつかないようにマスキングして養生するのが大切です。マスキングをすると、仕上がりもきれいになります。
マスキングをしたら、接着剤としてプライマーを塗布します。プライマーを使わなければ付着強度が高くならず、どうしても圧力がかかると?がれて漏れだしてしまうためです。このプライマーは専用のものが販売されているため、ほかの接着剤などは使わないようにしましょう。素材が合わない接着剤を選択してしまうと、強度を発揮できないどころか素材が反発し合い、?がれる原因となります。化学変化で変質してしまう場合もあるため注意しなければいけません。ここまでの作業は、できるだけ細かく丁寧にするのがポイントです。排水管の場合、狭い空間で作業する状況も多いため、身体がぶつかり怪我にも気をつけましょう。
あとはシリコンコーキングを打設するだけですが、ガンタイプの場合には取り回しがしにくい場合もあるので注意が必要です。打設したあと、すぐにマスキングを剥がします。硬化してからではきれいに剥がせなくなるためです。作業後は24時間放置してから、設備を使うようにします。

■状況に合わせたさまざまな補修材
配管用の補修材には様々なものがあります。漏れている箇所や状況に適した補修材を選択しますが、テープのように巻いて補修できる材料はスピーディーに作業できるため、使い勝手が良いでしょう。排水が流れたままでも使えるタイプや、耐性が高い素材を使用しているタイプなど種類も豊富です。
テープ的な補修材は、配管の直線部分で使います。複雑な形状の配管の場合は、密着させるのが難しくなるためです。わずかなひび割れや穴であれば、上から塗るだけというタイプの補修材が販売されるようになったため、コーナー部分でも使えるようになりました。瞬間接着剤のような使い方が出来るため、素早く補修することが出来ます。
破損してしまっている箇所が広い場合は、基本的には配管自体の交換が必要になりますが、補修材を使う場合はクランプタイプを選びます。外側から取り付けるように使用するタイプであり、配管を外さずにカバーのように取り付けられるため難しい作業ではありません。
さまざまな補修材が販売されていますが、どの場合も外側から施工する方法であるということも忘れてはいけません。内部で何かが詰まっているような状況が配管の劣化を招いているとしても、外側からは水漏れしているという状況しか確認することが出来ません。一時的な補修として考えればどれも有効なのは確かですが、根本的な解決には専門業者の経験を含めた見識などが必要になるため、専門業者に相談して検査してもらうという選択肢も検討するべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ