マンションで水のトラブルが発生したときの対処法

■自分の不注意でトラブルが発生することも多い

ちょっとした注意不足が原因で水漏れは起こります。マンションの場合は戸建てと違い、水のトラブルが周辺住民の方にも影響を与えるので注意しましょう。
例えば、入浴するためにはったお湯を溢れさせてしまうと、脱衣所が水浸しになります。また、洗濯機のホースが外れていることに気付かず洗濯をしてしまえば、床一面が水浸しになってしまいます。これらのトラブルは、水漏れの原因となります。他にも玄関やトイレを掃除するために水を流すケースがあるかもしれませんが、防水加工が施されていなければ下の階に水が漏れてしまう恐れがあります。
トイレで大量のトイレットペーパーを流す、浴室で髪の毛やオイルを流すという行為も、排水管が詰まり水漏れの原因になるので気を付けてください。エアコンから出る水ですら、下の階へ影響を及ぼす原因となります。
水漏れを発見したら、被害拡大を防ぐため直るまでは水の使用をストップします。必要に応じて玄関横にある止水栓を回し閉めて、給水自体を止めます。蛇口からの水漏れであれば、パッキンを交換すると漏れがおさまるかもしれません。トイレのタンク部分で起きる水漏れも簡単なものなら自分で対応できます。タンク自体にヒビが入り水漏れしている場合は、素人の手に負えません。温水洗浄便座の一部から水漏れしている場合も、業者に任せましょう。設備上電気も通っており、水が接触すると感電や火災の恐れがあるためです。
水漏れの原因がはっきりしていれば対処しやすいですが、わからないケースもあります。水漏れの原因をしっかり特定させたい時は、専門の業者に依頼するのが近道です。水漏れは、いつ何時起きるかわからないので、24時間年中無休で駆けつけてくれる業者を事前に調べておくと安心です。

■建物の老朽化によるトラブル

配管を長年交換せずに使い続けている場合、劣化が進んでいる恐れがあります。そして接続部分が緩んでしまったり、本体そのものに亀裂が生じている場合、そこから水漏れが起こります。
配管そのものは大丈夫でも、周辺の建材の劣化などのトラブルによって水漏れが起こる場合もあります。例えば外壁に生じるクラックです。塗装部分などの表面のひび割れ程度であれば問題ありませんが、0.3ミリ以上の幅のひびであればリスクが発生すると言われています。ひび割れ部分から雨水が内部に侵入してしまい雨漏りが起こりやすくなるだけでなく、シロアリの発生やカビの原因にもなりかねません。
マンションの劣化の場合、症状がかなり進行してから初めて気が付くことも少なくありません。配管は壁の内部を走っている個所が多く、大きな見た目の異変がないためです。もし水漏れなどのトラブルに気が付いたとしても、その個所を特定するのにまた時間がかかります。確認に大掛かりな工事が必要なケースもあるほどです。
このような建物の欠陥による水のトラブルの修理費用は、トラブルが起こっている場所の所有者が負担することになります。例えばマンション共用部分の設備の不備であれば、管理組合が責任を問われます。ちなみに賃貸物件の場合は、原因が専有部分にあっても住人はただ部屋を借りているだけであるため、不可抗力によるものなら管理組合や建物の所有者が責任を負う形になります。原因によって責任者が違い、使う保険や補償が異なるため、原因の特定は必須です。

■自分が被害を与えてしまったら
水のトラブルの原因が自分の過失に合った場合、特に速やかに対策を講じたほうがいいです。集合住宅であるマンションの場合、周辺住民にも迷惑をかけてしまうからです。特に階下の住民に大きな被害を与えかねません。
水漏れなどの症状に気づいた段階で、管理会社や管理組合に連絡します。まずは修理業者への連絡ではないのか、と思う人もいるでしょう。しかしもしトラブルが自分の過失ではなく、建物の老朽化などの不可抗力によるものであれば、場合によってはマンションのオーナー側が修理費用を負担してくれる可能性があります。業者が取り決められている場合もあるため、確認する必要があります。取り決めがなく、どこでも構わないと言われた場合にのみ自分で修理業者を呼ぶようにしましょう。確認せずに勝手に業者を呼んでしまうと、トラブルの原因が自分の過失でなかった場合でも修理費用が自己負担になりかねません。
建物の劣化による水漏れの場合、自分では全く気付いておらず、周辺住民の方からの指摘で初めて気付くケースもあるでしょう。身に覚えが無いからと、指摘を無視してはいけません。隣人トラブルに発展しないためにも、素早い対処が重要です。建物内部のトラブルの場合、時として部屋の壁や床をはがして業者が調査する場合もあるでしょう。このような依頼も誠実に対応し、全面的に協力します。このように水のトラブルについてはしっかり早めに対応することが基本です。そしていざという時を考え、日ごろから近所づきあいを心がけ、挨拶を交わしておくことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ