水のトラブルが起きたときには元栓を閉めるところから

■高い水圧がかかったままの修理は大変危険

トラブルによって水が使えない状況は、さまざまな面で問題を抱えます。災害が起きたときでも、避難路の確保をしたら、次に水の確保をしなければいけないとされています。ライフラインと呼ばれるのも、日常生活を含めて必要不可欠だからです。飲み水だけではなく、トイレなどにも使わなければいけません。水洗トイレは水がなければ流れない設備です。そのため水道が使えなくなると、トイレ自体も使えなくなってしまいます。災害などでなくても、水のトラブルが起きたときには、修理してでも回復させなければいけませんが、水圧がかかったままでは大変危険な状態です。
水圧をあげると、水は鋭い凶器にもなるのが特徴です。家庭でも高圧洗浄機などが使われるようになりましたが、汚れを落とすだけではなく、衝撃を与えて配管内につまっているごみも分解することもできます。コンクリートなどをカットするような水圧もありますが、家庭用の水道でも安全装備がなければ目に入っただけでも大怪我をする危険が出てきます。仮に修理しているときに、なにかの破片が水圧とともに飛ばされたら、当たればさらに大きな怪我になるのは容易に想像できる部分です。修理作業をするときには、必ず水圧を下げて安全を確保しなければいけません。こうした水のトラブルが起きたときに、真っ先に操作しなければいけないのが、止水栓と元栓です。安全に作業できるだけではなく被害の拡大も抑えられるため、初期対応としても必要な作業となります。

■止水栓と元栓の持つ役割

修理では、水の流れを止めるための作業が必要です。トラブルが起きた場所から吹き出している水を止めるだけの役割ではありません。止水栓と元栓の2つは圧力をコントロールするためにも使われています。内部に取り付けられた弁によって水圧を調節しますが、完全に締めれば流れは止まります。ゆっくりと閉めて必要な水圧を得るための状態を作るのも、この2つの栓の役割です。問題はこれらがどこにあるか知っているかどうかです。
止水栓は、各設備ごとに取り付けられています。水道から受ける水圧をコントロールするため、設備としては上流の箇所に設置される部品です。給水管をさかのぼっていけば、止水栓を見つけることができます。中にはシャワーのように水栓のすぐそばにつけられている場合もありますが、蛇口よりも必ず上流を閉めるような設計です。設備によっては、取り付けられていない場合もあるため、普段から注意しておくと間違いありません。
止水栓がない場合には、このままではコントロールが効かない状況です。これでは修理する際のリスクが高すぎるため、元栓を閉めて対処します。止水栓が設備ごとにあるのに対して、元栓は水道メーターのそばに取り付けられている部品です。供給源として1つしかないのが一般的で、個別にではなく、その家庭に供給されている水道すべてに影響します。水圧も必要な設備が多いことから、完全に開かれているのも珍しくありません。この元栓を閉めると、止水栓が取り付けてなかったり、見つからなかったりした設備でも安全に作業ができます。問題は、常時水の供給が必要な設備があった場合にも止まってしまう状況です。個別に選択できないため、修理するまで必要不可欠な状況ではないのかを確認してから締めなければいけません。ただし、大きなトラブルが起きているような場合は、多少の影響が出たとしても、安全と被害の拡大を抑えることを優先するべきでしょう。

■公私の境界線になる
元栓があることによって、安全に修理もできますが、機能はそれだけではありません。元栓をひとつの境界にしているところが重要です。ここから先は家庭の敷地であり、自分の責任で管理しなければいけません。水道設備を考えるうえで、この境界の存在はトラブルが起きたときにも影響を及ぼします。設備の配管などがつまって使えない水のトラブルが起きたときでも、自宅側であれば自分たちで修理して回復させることになるでしょう。
元栓よりメーター側は、公共のインフラです。水が当たり前のように使えるのは、社会的なインフラの発達があるためですが、勝手に修理など手を加えてしまえば本管に影響を与えてしまう可能性が出てきます。メーター側で問題が起きたときでも、有資格者など許可を受けたもの以外が好き勝手に修理したりできないように規制されているのは、インフラを守るためです。
公共のものは、水道局に連絡を入れて行政側がインフラを工事しても問題がないと指定している業者に修理してもらうことになります。管轄が異なるために連絡先も違いますが、公共工事としての扱いになるため、自分で業者を選び依頼する方法がとれません。手配自体も公共設備として進められるため、費用も行政側がもつのが一般的です。業者の選択も含めて、トラブルの相談をして修理してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ