水のトラブルにはどんなパターンがあるか徹底比較

■一般家庭で起こり得る水のトラブルには何があるのか

水のトラブルが特に起きやすいエリアといえば、浴室、トイレ、キッチンがあります。浴室の排水管では水漏れやつまりなどのトラブルが特に起きやすく、髪の毛が日常的に流れることがその原因として考えられます。髪の毛だけでなく、フケやシャンプーなども比較的水漏れ、つまりの原因となりやすく、定期的にメンテナンスを行っていなければトラブルのリスクが高まってしまいます。
浴室の排水管の場合、毎日お風呂を使う場合には最低でも半年に一度は大がかりなメンテナンスを行うことが望ましいとされており、それがスケジュールの都合から難しい場合は専門の工事業者に修繕を依頼する必要があります。
トイレで考えられる水のトラブルとしては、やはり排水管のつまりが挙げられますが、それ以外にもウォシュレットの温度設定異常があります。一般家庭でもウォシュレットつきのトイレを導入するケースはめずらしくありません。もちろん、ウォシュレットもひとつの消耗品であり、定期的なメンテナンスを怠っているとトラブルのリスクが高まってしまいます。
ウォシュレットで起こり得るトラブルとしては温度設定の異常のほか、水が出ない、勢いが一定しない、水が急にとまってしまう、などのパターンが考えられます。ほとんどのトラブルは業者に連絡をし、本体内部のメンテナンスを行うことで改善できますが、それでもトラブルがおさまらない場合にはウォシュレット本体を交換する必要があります。
キッチンの排水管には食物を日常的に流すため、水漏れやつまりはもちろんのこと、異臭などもひどくなることが予想されます。

■水のトラブルの解決コストを比較

水のトラブルの解決方法としては、専門の施工業者に修繕を依頼する、DIYによって自分で修繕を行う、というパターンがあります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、トラブルが発生した場合にはコストパフォーマンスも考慮したうえでどちらがお得か、ということを比較する必要があります。
DIYの場合、修繕に必要なアイテムは基本的にホームセンターなどで揃えることになります。たとえば、排水管からの水漏れトラブルの場合、コーキングという処理を行うことによって水が漏れている箇所をふさぎ、排水管の強度を補強する必要があります。
コーキングの際にはコーキング剤とよばれる薬品を使用し、排水管の破損個所を補強するのが一般的ですが、コーキング剤そのものは市販品であれば1000円単位で購入でき、補助アイテムであるコーキングガンも1万円以内で入手できますので、コストとしてはそれほど高くないかもしれません。
一方、専門の業者に連絡をするとたとえ初歩的なメンテナンスであっても数千円単位のコストになり、排水管そのものを交換したり、追加工事が必要になったりする場合には数万円単位の修繕費用が必要になることもめずらしくありません。
水のトラブルの改善で考慮すべきポイントは、トラブルが起きる頻度です。1回あたりの修繕コストではDIYのほうが安く思えても、メンテナンス頻度がその分増えてしまえば当然、トータルコストのほうも余計にかさんでしまいます。
シンプルな比較になりますが、1回2000円のDIYを1年のうちに5回繰り返すのと、専門業者による本格的な修繕工事を1年に一度行うのはコスト面で考えればちょうど釣り合っているように感じられます。
ただ、DIYによる修繕にはどうしてもトラブル再発のリスクがともない、かえって水まわりの寿命を縮めてしまう可能性も考えられますので、コストを比較する際には安全性も考慮するようにしましょう。

■住む場所で変わる修繕コスト
一戸建てと賃貸物件では、水のトラブルが発生した際の対処法やトータルコストが異なりますのであらかじめ比較しておきましょう。
一般的な水まわりのトラブルで考えた場合、一戸建てのほうが修繕コストが比較的安くおさえられる、という傾向があります。配管工事を例にして比較してみると、一戸建てのほうが住宅の構造もシンプルですので標準的な工事で対処できる場合が多く、賃貸物件でのトラブルよりも修繕にかかるトータルコストが大きくおさえられることも珍しくありません。
賃貸物件だからといって排水管などの整備コストが極端に高くなる、ということはありませんが、賃貸物件では一戸建てとは異なり修繕工事に際しても管理会社の許可が必要だったり、好感する素材も指定のものから選ばなければならなかったりしますので、結果として時間やお金が余計にかかってしまう、ということにもなりかねません。
修繕工事を業者に依頼する際には基本となる料金相場をリサーチしたうえで入念な業者比較を行い、少しでもコストをおさえられるパターンを検討することが重要です。業者のキャンペーンや時間帯による割引サービスなどを利用するだけでもトータルコストを何割かカットすることができますので、情報収集には充分な価値があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ