水のトラブルの場所を特定する方法

■水漏れを確認する

一般的に、水のトラブルで最も多いのは水漏れと言われています。ひと口に水漏れといっても症状はさまざまですが、中には目視できない水漏れもあり、その場合、知らないうちにどんどん悪化していくため非常に危険です。キッチンや洗面所、お風呂場、トイレなど水を使う場所は必然的にトラブルが起こりやすく、日頃から注意しなければいけません。水のトラブルは早めに対処することで深刻な状態を防げますが、場所を特定するにはどうしたら良いのでしょうか。
キッチンは、蛇口やシンク下などをチェックしましょう。特にシンク下は気づきにくい場所なので、意識して見るようにします。蛇口は根元が水漏れしやすいので、拭き取っても水が引かない場合は水漏れの可能性があります。
洗面所は、キャビネット内、蛇口、洗面ボウルの給水管まわりが最も水漏れしやすい箇所です。
お風呂場は、シャワーヘッドや蛇口、浴槽はヒビ割れを確認します。壁や床も水漏れの原因になる箇所ですから、ヘッドや蛇口、浴槽に問題がない場合はこのあたりの配管を疑うと良いでしょう。
トイレは、便器やタンクなどで水漏れをしていないかチェックできます。近年はウォシュレットを使用している家庭も多くなっていますが、故障すると当然水漏れが起こります。ノズルや操作パネルの下などもチェックしてみましょう。
一番簡単に水のトラブルを確認する方法は、水道メーターです。水道メーターは、水を使用していると動く仕組みになっており、水を使用していないのにメーターが動いたままということは、どこかで水漏れが起こっている証拠です。

■水道のつまりを確認する

水のトラブルは、何も水漏ればかりではありません。水道のつまりも立派なトラブルです。軽度のつまりであれば自分で直せますが、重度の場合は業者に依頼して修理をしてもらうことになります。二次被害の可能性もありますので、つまっていると感じたらすぐに対処する必要があります。流れが悪くなること、逆流することが主な症状なので、これらが起こっている場合、水道のつまりを疑ってください。
トイレは、トイレットペーパーがつまっている時や水が引いて流れが悪い時は自分で直すことができます。一方で固形物を流してしまった場合や、はっきりとした原因が特定できない場合などは、業者に依頼した方が安心です。
自分で直す場合、お湯とバケツがあれば簡単に改善できますが、お湯を使う場合は温度に気をつけましょう。お湯を入れることでほぐれやすくなるため、熱湯の方が効果があるように思われがちですが、熱すぎると排水管の劣化や破損に繋がり、新たな水のトラブルを引き起こします。そのため必ず40度から60度の温度で使用します。手順としてはいったん便器内に溜まった水をポンプなどで抜きとり、水で流した後にお湯で流します。数回繰り返し、しっかり流れたら問題ありません。このとき注意してほしいのはトイレタンクのレバーを使わないことです。バケツを使用するときも、高いところから流す、排水口へ一気に流すなど工夫しましょう。
ただし、固形物をつまらせてしまった場合は、お湯を使用しても効果がありません。固形物の場合は取り除くことが基本の対処法となるため、奥に流し込むことで取り出しづらくなるなどより状況が悪化してしまいます。奥まで流れてしまい自力で取り除けない場合は業者に相談してください。

■業者を選ぶときのポイント
自分では水のトラブルが解決できない、どの場所か特定できない場合は、迷わず業者に依頼してください。
業者に依頼をするときのポイントは、指定給水装置工事事業者であるかどうかです。この事業者は政令に定められた基準をクリアしており、正しい施工を行ってくれます。地域の水道局が指定しているという意味でも安心して依頼できますから、業者を選ぶ際はまずホームページなどを確認し、指定給水装置工事事業者であることを確認しましょう。電話で問い合わせてみるのもおすすめです。
次に、料金表の提示です。水のトラブルは、ただ直してもらえれば良いというわけではありません。料金は業者によって異なりますし、対応やどの部分まで修理してくれるのかもそれぞれ異なってきます。つい料金に目がいきがちですが、きちんと料金表を明示しているか、見積もりは出してくれるかなどもチェックしましょう。特に緊急性の高いトラブルは細かいところをうっかり見逃しがちなので、焦らず冷静になって細かいところまで確認しておくことが大切です。
複数社に見積もりを出してもらうのも良い方法です。最初から依頼先を1カ所だけに絞るのではなく、3、4社に見積もりを出してもらい、トラブルに見合った業者を選ぶようにしましょう。
料金は修理料金と追加料金を支払う形になります。簡単な作業なら修理料金のみで済みますが、部品代や廃材引取り料など、オプション料金がかかってくる場合もあります。修理料金以外に発生するものがあるかどうかもしっかりと確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ