今すぐ見積もる

水のトラブルの場所を特定して自分でできることは?

■どこで水漏れをしているかを特定

急に水道代が高くなったときには、まず水漏れの可能性を考えるべきです。よほど生活環境が変わらない限りは水道代が急に高くなることはありません。水のトラブルが予想できため、まずは自分で場所の特定をするのが肝心です。水のトラブルが起こっているか、そしてどの場所かを特定することは自分で行うことができます。家の蛇口を一旦全部止めて水道メーターのパイロットが動くかどうかを見るのが肝心です。止水栓を締めてもメーターが動いているのであれば、どこかで水漏れが起きています。
まずはどこで水漏れをしているのかを明確にすべきです。水回りの箇所をひとつひとつ順番にチェックしていきましょう。まずトイレでは、便器やタンクの確認をしましょう。お風呂場は蛇口やシャワー付近、キッチンは蛇口の根本やシンク下の給水管まわりの確認が必要です。洗面台の水漏れは蛇口まわりや洗面ボウル下の給水管まわりに水が溜まっていないかみてみましょう。どこも水のトラブルが起こっていることが分かれば迅速な対応が必要ですが、室内で問題がなさそうであっても外部の配管の老朽化の疑いもあります。
素人では分かりにくい箇所から水漏れをしている可能性まで考慮し、まずは専門業者に依頼してチェックしてもらうことを考えるのがよいでしょう。水のトラブルは一箇所のみならず、複数の箇所から起きることも少なくありません。多くの場合で経年劣化による部品の消耗や劣化が疑われ、長期間の使用によって水のトラブルにつながることも少なくないため注意しましょう。

■自分でできる対処を行う

水のトラブルはすべてにおいて自分で対処しようとするべきではなく、自分でできる範囲内で対処を行うことが肝心です。場所を特定できたにしても同様です。最も重要となるのは、水を使用しないことです。水を使用することで、水のトラブルの症状を悪化させてしまうことになり兼ねません。水の使用を中止して、水漏れをしている箇所を特定しましょう。さらに、水漏れ箇所が特定できた場合はタオルをきつく巻き、漏れの勢いを抑えるようにしましょう。下に大きめのタオルを敷き、ビニールシートやビニールテープも合わせて使うのも効果的です。当然ながら水漏れの箇所が分からない場合は、専門業者に依頼して水漏れ場所の特定をしてもらいましょう。
パッキンの劣化が原因である場合は、新品と交換することで水漏れを解消できます。しかし、それぞれにサイズがあるため、まったく同じものを購入できない場合は自分で修理するのは難しいものです。排水口のつまりの場合は掃除をするのはもちろん、ネットの交換もした方がよいでしょう。重曹とお酢で流したり、パイプ洗浄剤で流したりといった対応も効果的です。ラバーカップやワイヤーブラシを使用するのもひとつの方法です。排水管からの水漏れの場合は、使用量が少ないと気付かないことも少なくありません。
放置してしまうことによって、被害が拡大してしまう恐れもあります。水のトラブルは場所が特定できたとしても応急処置だけを行い、根本的な解決は専門業者に依頼して対応してもらうのが、最も確実な方法です。無理に自分で対処しようとするとかえって被害が拡大してしまうこともあります。専門業者に説明できるように、場所の特定や原因を把握できれば対応もスムーズになります。

■賃貸物件と自己所有物件での対応の違い
賃貸物件で水漏れが発生した場合は、まず管理会社や大家さんへの連絡を済ませるべきです。自分で専門業者に依頼して対応した場合、さらに安い専門業者に依頼するつもりであったと言われる可能性もあります。借主にまったく非がない場合には、費用を支払ってくれることが多いです。管理会社や大家さんへの了承を得ている場合は、自分で専門業者に依頼しても問題ないでしょう。
自己所有物件の場合は、専門業者への依頼や費用の支払いもすべて自分で行うことになります。基本的にはハウスメーカーにまず相談し、保証が残っているかどうかを確認した方がよいでしょう。自治体を管轄している水道局への相談をし、適切な専門業者に依頼するのもひとつの方法です。
水漏れが発生した場合は専門業者に依頼しての費用が不安となるものです。どの場所であるかによってかかる費用が変わっていきます。そして、場所の特定に関してもすべて行ってくれるため、二次災害を防ぐことができます。賃貸物件と自己所有物件によってどういった対応が必要であるかは異なります。どちらにしても応急処置は行った方がよいのは間違いありません。そして、自分で修理するかどうかに関しては、無理をしないことを前提としましょう。目視で水漏れが確認できる場合もあれば、詳しく点検をしないと分からない場合もあります。どのような物件あっても、水のトラブルは大惨事につながる可能性もあるものです。場所の特定と応急処置を行うことを大前提とし、必要以上のことはしないのが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

記事一覧

水回りのトラブル 一括見積もり 今すぐ無料でお見積り