水のトラブルを安い費用で解決するためには

■自分で直すよりも業者に依頼したほうが安い条件

水のトラブルは、起きるといろいろな問題を引き起こします。迅速に対応したいところではありますが、修理にはお金がかかるのは難点です。仮に自分で直すとしても、交換の部品などが必要ですし、手間もかかります。自分で直せないときでも、できるだけ安い方法を選択したいところでしょう。
まずは被害をできるだけ抑えます。被害が少ない方がトータル的に見えれば安く上がるからです。水道のように水が供給され続けて漏れているのであれば、止水栓を閉めて水を止めてしまいましょう。これで配管に残っている水量だけが流れてくるため、被害は確実に少なくなります。この後に周りを拭いたりすれば、少なくても拡大するような状態を止められるため、対処として大切です。
自分で直すとしたら、道具などがあるかどうかの確認をします。道具がなければ、改めて購入しなければならず、その分費用がかさみます。あとで使えるようなものなら、購入する意味も出てきますが、修理したら使わないといったものなら、負担が大きくなるでしょう。
部品の購入でも注意しなければいけません。どれを使うのかはっきりとわかっていれば、問題はそこまで大きくありません。自分で購入しても、修理を依頼しても部品の購入に違いはありません。しかし、どれを購入したらいいのかわからないときは、十分注意が必要です。間違って購入すれば、使えなかった分だけ出費がかさみます。複数のものを購入しておいて対応する方法もありますが、使わないものが出てくる分だけ損失です。それなら、修理というところに特化した専門業者のほうが、余計な手間がかからない分だけ確実で安い方法となるでしょう。

■どのような費用がかかるのか

水のトラブルの修理業者もあり、いろいろな価格設定があります。その中でも安い方法を探すのは大切です。そこで重要なポイントになるのは、見積もりの見方になるでしょう。特に時間があり、相見積りを取ったりできる状態なのであれば、しっかり読み取れるかどうかが重要です。
作業員がきてもらうための出張費から考えていかなければいけません。実際に現地に到着して見積もりを作るために費用をかかる場合もあります。作業が決まればその費用が必要です。さらに、部品や本体の代金などを含めて計算していきます。
基本的な項目から見ていくと、出張費は人件費の中に含まれて計算されることがあります。実際に無料としている場合もあるため、抑えられる部分です。見積もりの作成費用もいろいろな考え方がありますが、基本的にはかかりません。しかし、どのような状況になっているのか、時間を掛けて分解しなければわからないようなときなど、手間や部品がかかるような状態では別途見積もり作成費が発生する可能性があります。
作業費は、人件費を含めるときもありますが、細かく出すのが通常の方法です。どんな作業をするのか、そのための部品なども同時に計上することがあります。本体ごと交換が必要なときにも、その内容が書かれるでしょう。作業だけを絞り込んでいるときには、部品が別途計上されます。
ほかの費用として、時間外作業も注目しておかなければいけません。深夜や早朝に作業を依頼したときにかかる料金です。こうした項目を知ったうえで、安い業者を探せるかどうか考えていく必要があるでしょう。

■深夜や早朝などを避ける
水のトラブルで安い業者を見つけるポイントは、出張費などが無料なだけではありません。もちろん、有料よりも無料のほうが安くなる可能性が出てきます。作業料に関しては、基本料金を決めており、そこにプラスして計算する方法もあるため、一概には比較はできません。
はっきりと安くあげるためには、まずは深夜と早朝に依頼しないようにするのが良いでしょう。別途料金を請求されやすい時間となるため、どうしても余分に費用がかかります。問題は緊急性の高い内容になった場合です。水道が止まらない、水漏れがひどく吹き出しているといった水のトラブルは、止水栓などを閉めて対応する方法があります。これで水は吹き出さなくなり、時間を稼げるでしょう。
排水管周りでは、設備を使わないでおけば水漏れが広がりません。常に配管内に水があるわけではないため、この方法で対処できます。もちろん、どちらのケースでも、きれいにふき取ったりする必要はありますが、これだけでも深夜や早朝の時間をなんとかしのげるはずです。
他者と比較してみるのも大切です。トータルでどのぐらいの費用がかかるのかを見ながら比較しなければいけませんが、時間に余裕があるのであれば、相見積りを取ってみるとわかりやすくなります。
そのほかにも、2回目の依頼以降は割引サービスをしている業者を使い続ける方法も有効です。水のトラブルは、高頻度で起きるわけではありませんが、それでも長い付き合いになれば割引してくれる方がお得です。評判的な部分も含めて安い業者を探すのがポイントですので、単純に価格だけではなく、内容も吟味して見つけるといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ