賃貸物件で水のトラブルが起きたときに役立つ豆知識

■うっかりミスで自分の責任になる水のトラブル

これまでトラブルを起こしたこともなく、被害を受けたこともないとピンときませんが、賃貸で部屋を借りている側の不注意によってトラブルが起こるケースも珍しくありません。本来は水を流すべきところではない場所に流してしまったことで起こる水のトラブルがその一つです。
例えばお風呂にお湯張りをしていることを忘れて浴槽からあふれさせてしまったり、洗濯機の排水管や排水ホースに不具合があり大量に水が漏れてしまったなどがあります。状況を説明すると管理会社や大家さんが修理専門業者を手配することもありますが、水のトラブルが起きた原因がはっきりとこちら側にある場合は自分で手配する必要もありますので、できるだけ早めに修理専門業者へ相談してください。
ただし、トラブルが起きた時間帯が管理会社や大家さんと連絡が取れない深夜や早朝だった場合は、先に修理専門業者に連絡を入れてこれ以上トラブルによる被害が広がらないように対処するといいでしょう。
このとき、見積書や請求書などの書類は必ず保管して、後で管理会社や大家さんに連絡が取れたときにそれらの書類を渡します。水のトラブルが建物の共用部分にあり、なおかつ原因は建物が古いことによる老朽化だった場合は建物を管理する側に責任があるため、支払ったお金が戻ってくることもあります。
ちなみに修繕費や修理費については、その物件が火災保険など水のトラブルを保証する保険に加入しているかどうかが大きなカギを握ります。今のうちに加入している保険の詳細を確認しておくといいでしょう。

■水のトラブルを起こさないための工夫を取り入れよう

水回りに注意しながら生活しており、水のトラブルは今のところ発生していないので心配ないと安心するのは早いです。水回りに関するトラブルは、部品や消耗品の劣化なども原因になりますし、ちょっとした不注意でも起こりうるので他人事ではありません。
賃貸の集合住宅物件で起こると困る水のトラブルとして、まず挙げられるのが水漏れです。この水の被害によって家財道具や電化製品などが壊れてしまう恐れがあります。少しの隙間があればどんどん浸水するのが水の怖いところです。昼間家にいる時に水回りで何らかのトラブルがあればすぐに気づくことができますが、寝ている間や留守の時はすぐに気づくことはできません。
水が漏れている場所を何かで拭いたり抑えても、トラブルの元を直さなければ応急処置になりませんので、まずは水の流れを止めるための応急処置を施します。簡単にできる水の元栓や止水栓を閉める方法をすぐに実践できるよう日頃から意識しておくといざという時に慌てなくて済みます。
こういったトラブルを防ぐためには、寝る前に水回りをチェックする習慣をつけるのも有効です。例えば、歯磨きをしながらキッチン、バスルーム、トイレなどを見回り、蛇口がしまっているか、水が漏れていないか確認をして、最後に洗面所で口をゆすいだときに洗面所の蛇口もチェックするという流れでもいいでしょう。毎日の暮らしの中でちょっとした心がけを意識することで、起こってほしくない水のトラブルを回避することができます。

■もしも水のトラブルの加害者になってしまったら
賃貸の集合住宅で暮らしていると、水のトラブルの加害者側になる可能性はゼロではありません。蛇口の閉め忘れや洗濯機の排水ホースがはまっていなかったことなどが原因で水が漏れてしまい、なおかつ下の階や隣の部屋に被害が広がったときには、自分が加害者になってしまいます。自分の部屋の修理や修繕だけでも大変なのに、被害を与えた部屋の修理や修繕も必要となったらどれだけお金がかかるでしょうか。想像を超える金額になることは予想できるでしょう。
まずは水のトラブルをすぐに止めるために、水の元栓を閉めたり、ぬれている場所をふき取るなどの応急処置をします。次に借りている物件の管理会社や大家さんにすぐに連絡をいれましょう。その後、相手の方に状況説明をして謝罪をします。このとき誠意のある対応をしましょう。最後に賠償という流れになります。
このとき、建物を管理する側に火災保険について確認します。一般的に火災保険に加入しているところが多く、床の修理代に関しては火災保険とセットで加入している借家人賠償責任保険の補償の対象となります。
そのほか、個人的に個人賠償責任保険に加入していれば、こちらの過失で水漏れが発生して他の部屋に被害が広がったときに請求された修理費や修繕費などの代金について補償してもらえます。現在加入している場合は必ず保険会社に報告することと、もしも加入していないのであれば、この機会に加入を検討してみてもいいかもしれません。この個人賠償責任保険は水のトラブルだけでなく、ほかの人の物を壊してしまったり、他の人に怪我をさせてしまったときなども補償の対象になるものもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ