今すぐ見積もる

トイレのタンクで起きる水のトラブルと解決方法

■トイレのタンクに異変を感じたらここをチェック

毎日の生活で必ず使用するトイレは、水のトラブルが起きていると気づきやすい場所です。便器の中に少量の水がずっと流れている、いつもより水の出が悪い、レバーの動きがおかしいなどの違和感があれば便器の周りをチェックしてみてください。
使用して随分と時間が経ってもいつまでも水の音がすることに気がついたら、とりあえず止水栓を締めます。止水栓は便器の後方部壁側に取り付けられていることが多いです。マイナスドライバーを準備し、時計回りに回せばトイレの水が止まります。タンクレスの場合は便器の側面後方部を外すと、その中に止水栓があります。専用の器具が必要な場合もありますので製品説明書などを読んでから部品を外したり、締めたりしたほうが新たな問題が発生しにくいです。
止水栓を締めたのに便器への水が流れ続ける場合は、タンク内で不具合が起きていると考えられます。栓を締めて便器への水が止まる場合は、上部にある給水管の不具合であることが多いです。
その他にも、タンクの中に水が貯まらなかったりレバーを回しても流れないといった水のトラブルもよく生じます。いずれにしても、最初に行う応急処置は止水栓を締めることです。
タンクの中を見るときにはフタを開けますが、その際には注意が必要です。上部に水が出る管が付いていないフタは、もちあげるだけで外すことができます。管がつながっているフタは、そのまま外れるものと外れないものがあります。静かに持ち上げて上部の管の根元のネジを回し、つながっている部分を外さなければフタは外れません。ネジは手で簡単に回すことができるはずですが、慣れない作業となるためフタを落とさないよう気を付けましょう。

■トイレのタンクトラブルの原因と解決方法

水が貯まらない、水が止まらないといったこと以外にも上部の給水管の水が出続ける、レバーを動かしても流れなかったり、少ししか出なかったりすることもあります。
節水目的で重り代わりのブロックなどを入れているご家庭では、まずそれらの異物を取り出してください。タンク内の異物は部品の正常な動きの妨げとなったり、中で動いて部品を破損する原因となります。次に内側で鎖が巻き付いたりもつれていないか、ゴムフロートが正しい位置に収まっているかを確認します。タンクの中に入れる固形の洗浄剤などが部品の隙間に挟まり、ゴムフロートが正しい位置に収まっていないことがよくあります。この場合も洗浄剤を取り除いてください。また中に貯まっている水の量から原因が分かることもあります。
水の量は正常なのに便器に水が出続けている場合はゴムフロートの劣化が進んでいるとみられます。劣化により形が変形したり破損したりしていると水が少しずつ漏れ出してきます。中の水が多すぎると感じるときは、給水管の部品に問題がある可能性があります。給水管にはボールタップがあります。この部品の調整が狂ってしまうと水が多く貯まる原因になります。ボールタップ自体の故障は交換する必要があります。
浮き球が破損している、浮き球を支える棒が歪んでいるときも交換するしかありません。自分で部品を揃えなくてはいけないことや、複雑な作業となることを考えると専門業者にお任せしたほうが安心です。
水が貯まらない時は、タンクの内側にある鎖などのねじれや破損、水を流す管が破損しているかもしれません。内部の部品に破損がなく、他に問題が見当たらないようでしたら管の破損が考えられます。

■専門業者が到着するまでに自分でできる応急処置
水のトラブルで困ることは、周囲が水浸しになったり水が出続けることです。トイレのタンクの水のトラブルに気づいたら、まずは止水栓を締めますが、場所がどうしても分からない場合は、元栓を締めてください。元栓は水道メーターの近くにあります。右にまわすと締まることを覚えておくといざという時役に立ちます。そして、タンクの中の水を抜いておくと作業がしやすいため、栓を締めた後に水を流すときと同じ要領でレバーを回してタンクの中を空にしておきましょう。さらに、取扱説明書を準備しておくと修理がスムーズに終わることもあります。また、不要になったタオルやバケツを念のために準備しておくと安心です。
基本的には専門業者にお願いすることがベストですが、すぐに来てもらえないなどの緊急時には応急処置を行います。便器とタンクの間から水漏れしている場合、パッキンの劣化や破損が考えられます。洗浄管の直径を測り、ホームセンターでパッキンを購入します。ノギスがあれば良いのですがない場合は巻き尺で周囲を測って直径を計算すれば大丈夫です。用意できたら劣化したものと交換します。交換できたら止水栓を左に回して開けます。この時にまだ水漏れしている場合、水漏れの原因はパッキンではありません。専門業者の到着を待つことになりますので、再び止水栓を右に回して締めます。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

記事一覧

水回りのトラブル 一括見積もり 今すぐ無料でお見積り